H19 7/1(日) 曇りのち晴天
【2007 フィッシングPAPAカップ ロックフィッシュバトルin小樽 BATTLE・U】
レポート・2

当初予定して沖防は危険が伴うため、

急きょ、場所変更を行うことになりました。

一番船で乗ったスタッフとエントリー者が
もう一度お船で移動です。


舞台は白防波堤に!!

さぁどうなる!


赤防波堤での釣りをイメージしていた方はこの時点で
木っ端微塵となってしまったワケですが、
初めて白防波堤へ渡る方もおりました。

白紙状態からの釣果やいかに!

<ヤマリア代表 いしやんさん> 
「今日はママワームで爆っちゃいますから♪」


<ダイワ代表 佐藤さん> 
「ダイワのホグは効きますよ〜」


管理人直人からの簡単な挨拶を終え、
スタートフィッシングです!



写真班、スタッフ兼エントリー者の皆さんも一歩遅れて、現場へ。


さぁ、釣れるかなぁ〜!


受付場所で粘るもよし


足で釣果を稼ぐもよし!



しかし。

受付付近はキャストもままならないほど込み合ってます。


そして奥へ行けば行くほど、人はまばらに。


人がキャストしてスレない内にどんどんランガンして
ピュアなポイントを独り占めするのがイイのかも!?


「いやぁ〜誰もいませんからキャストしやすいですわ〜」


すみません、

奥に人呼んじゃいました。



イイ感じにバラけてきた沖防波堤。
釣果もポツポツ上がっているようだ!


地元「樽っ子アングラー」の釣果やいかに!


樽っ子といえば忘れてはならないのが
エコギアプロスタッフかしさん!

しましま模様の綺麗なアブラコをヒット!


歩いていると「あっちでオレンジの服の人が
もう三本アブラコを釣ったって…」という噂が!

誰だ!

あ!

トシ坊さんだ!


「でも、サイズがイマイチなんだ。isaoさんはもっと釣ってるよ

なにー!?

早速探してみると…?


isaoさーん、つり方教えてくださーい。

「仕方ないなぁ。見ててよ〜」



ほら。


ほら。


ほらね。


只者じゃないです!

どうやら今日のアブラコには釣れるパターンがあるらしく、
それを発見した人は数を稼いでいる事が判明。

そんな折、小樽っ子アングラー松本くんがダッシュしてきた。



じゃーん!

40UP出たよ(^∇^) /

30〜35cmのアブラコが多い中、
これは迫力サイズ!ウエイトもありそう!

更に追加する松本くん!あとはサイズUPで
魚の入れ換えに専念するのみだ。


ガヤはヒットするもののキーパーサイズに満たなかったり、
アタリのみで針まで食いつかないといった話が聞こえ始めた。

さぁここからが本領発揮だ!魚との知恵比べ、誰が一番
魚の気持ちになって釣れるかな?

NEXT→「熱戦!次なる戦い→

【BATTEL・U  【1 2 3 4 5 6】 TOPへ戻る